更新が1ヶ月も滞っておりまして、楽しみにしていただいてる皆さんには、大変申し訳ありませんでした。

我家のワンコ達、特に問題なく?元気に過ごしております♪

ペットの元気、わんぱくという言葉は、飼い主にとって嬉しい言葉なのではないでしょうか。

我家の3ワンコ、相変わらずそれぞれの個性が光っておりますが、ユニークなのが三枚目の『ノアくん』。

この子は私に一番懐いているように感じるせいか、わんぱくでイタズラっ子なのにどこか憎めないんです。

先日、3ワンコをケージから出した状態で留守番をさせた時の事。

家に帰ると、リビングのソファー周辺に練り物やウインナーなどの食料品が入っていた袋が、数多く
散乱していました。

キッチンの一角にある『プラごみ』のゴミ箱が満タンで、少し蓋からゴミがはみ出していたようです。

そこから、イタズラっ子のノアくんが引っ張り出してきて、美味しい匂いとかすかな味を堪能した様です。

『しつけ』として叱る事は大切だと思いますが、本来、現行犯で叱ってあげなければ犬にとって何に
叱られたのか分からないと思っています。

なので、今回の事件は飼い主である私の責任、放し飼いで留守番させるなら、誤飲やイタズラの要因を
しっかり排除しておかなければなりません。

それを怠ったので本気ではないのですが、ノアくんの反応が愛くるしくどうしても見たかったので
ちょっと意地悪をしてみました。

私の下品な肉声が入っていますが、動画をご覧ください。


ノアくんは、自分がイタズラしたことがバレて叱られている事が分かっているかのように、知らんぷり
しようとしているかのように見えませんか!?

私の言葉を理解していて『やっべ~、バレちまった!怒られる、シカト、シカト、僕じゃないもんねぇ』
と言っていそうで、それでいてちょっとビビっている仕草がたまらんのです。


この動画を専門家に見せたとしたら『ただ強い口調で迫られると、過去の怖い経験と重なってこういう
行動になるんです』的なコメントがあるんじゃないだろうか、と思っています。

意地悪してごめんなぁ、と思いつつ顔がほころびつつ動画をリピート再生する飼い主でした。w

ペットをお留守番させるときは、色々なリスクを想定してそれを排除してから出かけましょうね。